So-net無料ブログ作成

初回視聴率18% 上戸彩が見たい!!

女優の上戸彩さん(24)が初の刑事役に挑戦するドラマ「絶対零度 未解決事件特命捜査」(フジテレビ系)の第1回が13日放送され、平均視聴率は18.0%だった(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。刑事ドラマでは7日に第1回が放送された「臨場」(テレビ朝日系)も17.9%で好スタートを切っている。「絶対零度」は09年11月に警視庁内に新設された「特命捜査対策室」を舞台に、未解決事件を追う1話完結の刑事ドラマ。殺人や強盗、放火、失跡など事件の真相を追う。過去と現在の映像がスピーディーに交錯するスタイリッシュな映像も見どころだ。「絶対零度」とはセ氏マイナス273度の「到達することが理論的に不可能といわれる温度」のことで、「どんな事件も完全に凍ることはない。未解決のまま終わらせない」との意味が込められている。ドラマは、新米の巡査部長で、正義感と熱意に富んだ桜木泉(上戸さん)が、事件当日の被害者の足跡をたどり、事件の真相を追う。桜木を「カメ!」と呼んで叱咤(しった)する室長の長嶋秀夫役を北大路欣也さんが演じるほか、元鑑識官の同室第4係長役に杉本哲太さん、元機動捜査隊で同室きっての武闘派刑事・塚本圭吾役でお笑いコンビ「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんらが出演する。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。